十代のころは皮脂の分泌量も多く、毛穴に皮脂が詰まって黒ずみや皮脂詰まりが気になるかもしれません。毛穴エステが毛穴をキレイにして引き締めるのに効果的と聞いて試してみたいという方も多いでしょう。

そこで、エステサロンでの施術は、何歳から受けることができるのかを調べてみました。毛穴エステを受けてみたいと思っている10代の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

未成年の場合は親権者の承諾や同席が必要

エステサロンによって毛穴エステを受けられる年齢の規定は異なります。しかし、大抵のサロンは、未成年者は親の承諾書やカウンセリングや施術に親が同席することが求められる所が多いでしょう。

もし、何歳でも承諾なしで施術を行えるというところは、かえって怪しいサロンである可能性がありますので、注意してください。人気エステサロンの規定をいくつかご紹介します。

・エステティックTBCの場合
未成年者は親権者の同意、もしくは同席が必要です。

・ジェイエステの場合
中学生以上からカウンセリングや施術を受けることができますが、中高生の方は、親権者の同席が必要で、承諾書だけでは受けることができません。高校生を除く未成年の方、20歳以上22歳以下の学生の方は、親権者の同席か承諾書でカウンセリングや施術を受けることができます。

・エルセーヌの場合
未成年者の場合は、保護者の同伴が必要です。ただし18歳未満は受け付けていません。

東京の上野総本店では、ティーンの方の施術も行っていますので、相談してみてください。

・たかの友梨ビューティークリニックの場合
未成年者は保護者の同伴が必要となります。22歳以下の学生の方は、保護者の同意確認が必要です。

どうして未成年は保護者の同意が必要なの?

未成年者の場合、保護者の同意や同伴が必要なのでしょうか?一つには、未成年の契約行為は法律で禁じられているという理由があります。支払い能力にも問題があるからと見られます。

そして、成長期に毛穴エステを受けるということはあまりおススメできないという理由もあります。成長期の肌が安定していない状態の時に、施術を受けても効果が出ない場合もありますし、肌が本来持っている機能が正常に働かなくなってしまう可能性もあるでしょう。

ですから、最低でも18歳以上になってからがおススメとされています。また、自分でお仕事をして支払いの責任能力が持てるようになってから、もしくは保護者と相談して一緒に行ってもらえるようなら、施術やカウンセリングを受けるようにしましょう。

毛穴エステはできれば成人してから!

未成年者の毛穴エステは肌のことを思うと、あまりおススメできないのでどのエステサロンも制限を設けているようです。成人してしっかりと肌の状態が安定してからでも遅くはないでしょう。

もし、どうしても受けたいという方は親御さんとしっかり相談するようにしてくださいね。