お手軽に毛穴の黒ずみが取れると人気の毛穴パック。使用しておられる方も多いことでしょう。

しかし、毛穴のを使うと、かえって毛穴が広がったり、黒くなったりするという情報も聞かれたことがあるかもしれません。そこで、毛穴パックが毛穴の広がりや黒ずみを増やしてしまうのかどうかをご紹介します。

毛穴パックの正しい使い方も見ていきますので、ご参考に!

毛穴パックは強力な粘着力なので要注意!

毛穴パックは強力な粘着力なので、毛穴の汚れだけでなく、肌を守り乾燥を防ぐ角質までも取ってしまいます。適度な皮脂は私たちの皮膚にとって、敵ではなく保護の役割があります。

ですから、毛穴パックは必要なものまで根こそぎはがしてしまうのです。皮脂を取ると、皮膚はさらに過剰に皮脂を分泌させようと働きます。

そして、それは毛穴の広がりの大きな原因となるでしょう。そして、皮脂が増えれば、そこに汚れなどが加わって黒ずみをさらに生むことになるのです。ですから、毛穴パックは、取りたい毛穴の汚れだけを取ることができないため、使用に注意が必要と言えるかもしれません。

毛穴パック後に毛穴が開きっぱなしになる

毛穴パックをして毛穴の角栓などを取った後、毛穴は大きく開いた状態になっています。その後のケアを行わないなら、開きっぱなしになった毛穴にほこりやメイク汚れ、皮脂などが詰まり黒ずみを生むでしょう。

毛穴パックをした後、毛穴を引き締めるケアをしているでしょうか?そうしていないと、毛穴パックをした意味が無くなってしまい、悪循環となる場合があるでしょう。

毛穴パックの正しい使い方とは?

まず、頻度ですが、使用説明書などを見ると、3日はあけて使うようにと書かれていることが多いでしょう。肌への負担が大きいからです。

毛穴の広がりや黒ずみを防ぐには、もう少し期間をあけた方が良いかもしれません。月に1回とか2週間に1回で良いという情報もあります。

どうしても毛穴が気になってという時に使って、毎日のように使うのは避けたいですね。そして、毛穴パックをする前は、ホットタオルなどで毛穴をしっかりと開いてから、毛穴パックの使用手順をしっかり守って行い、使用後は毛穴を引き締めましょう。

パックをはがした後、冷水で洗うと良いでしょう。そして、皮脂の分泌を抑える効果のある収れん化粧水で肌を引き締め、日ごろのスキンケア用品をたっぷりとつけて保湿を忘れないようにすると開いた毛穴が引き締まるはずです。

毛穴パックは頻度と使用後のケアを大切に!

毛穴パックは、使用の仕方によっては、確かに余計に毛穴を広がらせたり、黒ずみを生じさせたりします。それでも、お手軽だし、角栓がスッキリ取れるから使いたいという方は、使用方法を守り、頻度を少なめにしたり、使用後のケアをしっかりと行って使うようにしてくださいね。